こども店長としての販売体験や、モノを買う体験を通して リユースの楽しさや喜び、SDGsを学ぶ! ふくちゃんリユスタが大阪ひらかたパークにて 『こどもフリマフェスタ』を開催 -11月23日・25日の2日間で約100人のお子様が参加-

Index

レクストホールディングス株式会社(本社:大阪府大阪市中央区、代表:十河 良寿)の子会社である株式会社REGATE(本社:大阪府大阪市中央区、代表:福島 道子)は、社会貢献活動の一環として、「ロッチル in ひらかたパーク(ROCKS FORCHILE2023)」に協賛し、「こどもフリマフェスタ」を2023年11月23日(木・祝)、11月25日(土)の2日間にわたり開催しました。

「こどもフリマフェスタ」は、当社のキッズリユース事業である「ふくちゃんリユスタ」主催の、親子で参加できる体験型イベントです。事前の準備からこどもたちが主体となり行うなど、一連の体験を通じて身近にリユースに触れることで、「モノの大切さ」を知るだけではなく、“環境問題”や“SDGs”について自分ごととして考えるきっかけになればと、2022年から実施しています。また、あえて本物のお金を扱い、収支計算を行うことで、「お金のリテラシー」の向上を図るほか、接客を通じた「コミュニケーション力」を養うことを目的としています。さらに、イベント内ではフリーマーケット以外にも、ご家族やお友達同士で楽しめるアトラクションも用意しており、遊びから自然と学びにつながる環境をご提供しています。




4回目の開催となる今回は、2日間で約100人のお子様とそのご家族が参加し、着なくなった服や、使わなくなったおもちゃ、絵本などが出品されました。また、参加したお子様からは、「売れたお金で、新しいおもちゃが買えて嬉しい。」や、「買ってくれた子がすごく喜んでいたから、よかった。また次回も参加したい!」といったお声をいただきました。

今後も、「ふくちゃんリユスタ」の認知拡大を図るとともに、未来を担うこどもたちへ「たのしいリユース」を通じた学びの場を提供することで、地域と連携した取り組みを推進してまいります。

「こどもフリマフェスタ」イベント概要

・開催日:2023年11月23日(木・祝)、11月25日(土)
・場所:ひらかたパーク・第1駐車場(大阪府枚方市枚方公園町1-1)
・出店料:無料
・対象年齢:小学校6年生まで
※小学校2年生までのお子様は保護者同伴必須
※ご家族・ごきょうだいでも参加可能
・総申込数:96組(お子様:135人、保護者:158人)


出店に参加したお子様、保護者の声 

お子様1:初めて自分でお店をして、すごく楽しかった!使わなくなったおもちゃや本が売れて、新しいおもちゃを買えた。次もまた出店したい!(男の子)

お子様2:手作りのブレスレットがたくさん売れて嬉しかった!お客さんが「かわいいね」と言ってくれて、また作って売りたいと思った(女の子)

お子様3:自分のコレクションのカードを売った。お気に入りのモノだったので、最初はちょっとさみしかったけど、買ってくれた子がすごく喜んでいたから、よかった。また参加したい!(男の子)

保護者1:サイズアウトした服の処分に困っていたところ、こちらのイベントを見つけて、ぜひ参加してみたいと思いました。商品の配置や値付けなど、事前の準備に時間がかかり大変でしたが、こどもたちと一緒に悩む時間も楽しかったです

保護者2:こどもたちがちょうどお金に興味を持ち始めた時期で、リテラシーを養う機会になればと、参加を決めました。また、家族全員がフリーマーケット初心者だったので、どのようにすれば売れやすいかを調べながら、こどもたちと一緒に値札やポップを手作りしました

<イベントの様子>

■「こどもフリマフェスタ」とは

「森のお祭り」をテーマとした、こども主体のフリーマーケットです。単に“商売”の仕組みを学ぶだけではなく、自分のお気に入りだったモノが、また誰かのお気に入りになる、そんなかけがえのない喜びを体験してほしいと考えています。また、フリーマーケット以外にも、「お菓子釣り」や「輪投げ」、「ガラガラ抽選」といった親子で楽しめる仕掛けがあるほか、使わなくなったキッズ・ベビー用品を回収する「リユースボックス」や「SDGsコーナー」を設置し、遊びを通じてSDGsへの理解を深められる機会をご提供しています。
https://reuste.fuku-chan.info/flea_market/

<特徴1:親子で楽しめるフリーマーケット>
こども限定のフリーマーケットとは異なり、お子様だけではなくそのご家族も一緒に参加できるため、親子の思い出づくりとしてもお楽しみいただけます。また、購入する側も親子連れのため、こどもだけのフリーマーケットでは売れにくい、ベビー用品なども出品いただけます。







<特徴2:「SDGsコーナー」の設置>
リユースが難しい洋服の生地を活用し、キャンバスに貼り付けて遊べるスペースを設置。また、「モノの大切さ」や「廃棄問題」について、クイズを用いて分かりやすく伝える紙芝居の読み聞かせも実施しました。ストーリー内では、今年のロッチルのコンセプトでもある『ヒーロー大集合』になぞらえ、“ヒーロー”に扮したリユスタオリジナルのキャラクター「りゆん」と「てすた」が登場しています。





特徴3:学生ボランティアが参加
当イベントでは、「こどもフリマフェスタ」の趣旨に賛同いただいた大阪大学の公認ボランティアサークルや環境サークルに所属する学生ボランティアの方々に運営のお手伝いをお願いしています。今回9人の学生が参加し、こどもたちとの触れ合いを楽しんでいただきました。





「ふくちゃんリユスタ」とは

買取サービス「FUKUCHAN」も手掛ける当グループ会社が、使用期間の短いベビー・こども用品を次に必要な子育て世帯へ“つなぐ”ことをミッションとして立ち上げた、新ブランドです。昨年9月に、キッズリユース専門店「ふくちゃんリユスタ」1号店となる「大阪豊中店」を開業。現在、4店舗を展開しており、地域のお客様を中心にご利用いただいております。
https://reuste.fuku-chan.info/flea_market/